19NOV18 pt.2

ふと思ったこと。

聖書の黙示録のラオディキア教会宛に書かれる手紙に「あなたたちは熱くも冷たくもない。どっちかであってほしい」という内容が書かれている。
これは象徴的に書かれていることと思うので、実際に昔ラオディキア教会宛に書かれたのかは知らない。(そこまでは今は調べない)

思ったこととは、この教会へのメッセージを読んで「これっておれらじゃん!やべえ!」と奮起して悔い改めて神さまに立ち返った教会が、この二千年の間にどれくらいあって、どういう風に神さまに立ち返ったんだろう〜と。すごく気になった。
あ、二千年というと長すぎるので、80年代以降を知りたいw

もちろん、ある特定の教会の立ち返るパターンを知って、それを別の教会にそのまま適用できるとは思わない。
けど、仮に今後体温くらいの教会や集まりに遭遇したときにその教会とどう歩めばいいのかの手掛かりにはなると思う。
ま、働かれるのは霊であって、ぼくたちではないが。

温度を上下させる基準は何かという疑問も出てくると思う。
・毎週教会に行く・つつがなく奉仕をする・平日に祈り会や学び会をする・毎日聖書を読む・毎日祈る・解説書を読む・集会に行く etc.
↑のどれかまたは全部をすればOKなのか、それとも他に何かあるのかは個人が祈り問うてみる必要があると思う。
もちろん自戒としてもそう思う。

余談だけど、ちょー冷めてる教会はどうなるのかも気になるw

気になった止まりで恐縮ですが。。

終わり。

18NOV18

普段の教会へ。


青年会があり、クリスマスの出し物決めでキリスト降誕のスキットをすることになった。


とりあえず役回りを決め、ぼくはマリア役になった。ギャップが映えるからだという。


人生最初で最期の化粧と女装になるだろう。

はは

これは門外不出だろう。


f:id:kmaehara:20181118202012j:plain

cf. ユニバース はら 化粧


17NOV18

久々のQuidditch。

元々早朝に日帰りで自転車旅に出ようと思ってたが、予定の時間より2時間遅れて目が覚めたためキャンセル。(思いつきだったのでまあいい)

で、二度寝しいい頃合いに目覚め午前中にQuidditchに参加した。

みんな時間を忘れてプレーし気づいたら、あれもう1時じゃん!みたいな感じだった。


それから、着替えて外食に行き、買い物、家事などする。

コーヒーと読書の時間を楽しむ。

クリストファー・ライトという人が書いた『神の宣教』という3部作の一個目を読んでいる。副題が「聖書の壮大な物語を読み解く」とあるように、神さまの壮大な物語の中に私もいるのだと目が開かされる。


イギリスの好きな説教者ジョン・ストットの弟子みたいな人で、かつ大学時代の先生が勧めてくれた人(の本)だ。

それだけの理由で読んでるけど、いつもながら良書に巡り合う。


あと、『エレミヤ書を読もう』を並行して。


少し前に『風をとらえ、沖へ出よ』という教会変革のために書かれた本も読んだ。聖書が示す共同体のあり方を常に模索し続けるよう促されるような本だった。






15NOV18

会社の近くのおいしい韓国料理やに3週間連続で行って、毎回ビビンバとタッカルビセットを食べてて、毎回夜腹を下す。


2回目は慣れてるだろうと思い食べ、さすがに3回目は耐性ついてるだろと食べたけど無駄のようだ😭😭😭


4回目トライどうしようかな〜〜


(内容すみません.. )